【音楽】アフリカンな曲のおすすめ5つ


africa

時々、アフリカンな曲って聴きたくなったりしませんか?

わたしだけかもしれませんが…、おすすめ曲をご紹介しようと思います。

聴きながら、ゾウに乗っている象使いな自分を想像して、日々の疲れを癒してくださいね〜!

今回は『アフリカンな曲』ということで、アフリカのアーティストだけでなく、普通のアーティストのアフリカンなナンバーも含まれています。

Chill Pill – Africa(savanna mix)

タイトルがアフリカ!

しかもサバンナミックス!笑

分かりやすくて非常によろしいですね〜。

車で流すと、一瞬で車がランドクルーザーになるのがこの曲。

曲は虫の声から始まり、壮大さのある深いビートでゆったりと続きます。

映画のオープニングで、ヘリでアフリカの全体を撮っているかのような流れですねえ。

fiona apple – give me a first taste

天才的なシンガー・ソングライター、フィオナ・アップルのナンバーです。

厳密にアフリカンとは言えませんが、かっこいい&そんな雰囲気があるので載せておきます。

大音量で聞くと、思わず踊りたくなるような濃密なリズム感。必聴です。

Free Man – AlaMaz

からからという木の音からはじまり、終始アフリカ感全開なナンバー。

堪能してください〜!!

Fela Kuti –

Shakara

こんな曲は現代では「アフロビート」と呼ばれることが多いでしょう。

アフロビートとは、ファンクやジャズの要素を強く含むアフリカ音楽のことで、このフェラ・クティはそのジャンルの名付け親なのです。

(自分のやっている音楽をアフロビートと、自分で呼び始めたからなのですけれどね。)

もちろん時代に合わせて↓のようなダンスナンバーも登場しています。

踊りながら聴きましょう!

Beng Beng Beng

 

Nomo – All The Stars

Nomoはアメリカ、デトロイトのアフロ・ビート・オーケストラ。

オーケストラというだけあって、メンバー数も多く、ライブでは多くて15〜20人程度にもなるんだとか。
(録音されて形になっている音を聞いているだけでも、何人いるんだ?ってほどですよね。)

Nomoの音楽は、上のフェラ・クティと同じくアフロ・ビートに分類されるものがほとんど。ちなみに、モダン・アフロ・ビートと呼ぶ人もいますね。

同じリフや流れを多く繰り返しつつ、ミニマルに楽曲が変化していくのが聴きどころ。ちょっとトランス要素がありますね、笑

 

いかがでしたか?

アフリカンな曲のおすすめを5つご紹介しました!



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA