待って!シーズン終わりのアウタークリーニングで気をつけたいこと


coat

あなたが、ちょっと高いコート(7〜10万円ちょっとを出して)買ったとします。

「やったー!大切に使おう♪」

そう思ってワンシーズン、他のコートと入れ替えつつ優しく、愛しつつ着用。

そして迎えてたシーズン終わり、そのまま近くのクリーニング店に出していたりしませんか?

そのままでは気に入っていたコートの質感や手触りが大変なことになってしまうかもしれませんよ!

コート類のアウターは、ほとんどクリーニングで痛む

高級なコートによく使用されるアンゴラ、アルパカ、カシミヤ、ビキューナ、ウールなどは
汚いお話しですが、大切に汚さぬように着用して洗わないのが一番の方法なのです。

その理由は素材の持っている天然の油分がクリーニングで落ちてしまうからです。

人間に例えるならば、石鹸だけで洗った髪の毛を想像してください。
ゴワゴワしますよね。笑
人間は生き物なのでまた皮脂が出て自然と油分が補われるのでいいのですが、
コートになった素材たちを、てきとーなクリーニング店に出すとまさにご臨終な状態になってしまうのです。

チェーンのクリーニング店には出さない

クリーニングは水洗いできないものを洗うことができる唯一の方法。

クリーニングと一言に言っても、お店の種類はもちろん、値段もそれぞれなことに気づきませんでしたか?
同じジャケット・コートのクリーニングなのに何でこんなに値段が違うんだろう?と思いますよね。

その理由は、クリーニングの方法と技術の違いにあります。

実はクリーニング屋さんはお店によって、クリーニングの腕(技術)が全く違います。

店の中で店主自ら仕上げるような個人店では、クリーニングも個人経営で長く続いているお店もあります。
仕上げが素晴らしく評判がよければ、全国から郵送でのクリーニングを受け付けています。

いいクリーニング店に出せば、買った時に近い美しさに仕上げてもらうこともできるのです。

お店でおすすめのクリーニング店を訪ねよう

おすすめの方法はいいコートを買ったお店で、近くにいいクリーニング店はありませんか?と訪ねることです。

高級なジャケットを扱うアパレルショップならば、腕のいいクリーニング店をひとつやふたつは知っているものです。

できれば、購入する時点で質問するといいですよ。

 

あるいはネットでお店を探して、郵送でクリーニングに出すのもいいでしょう。

かなーり技術があって有名なのが静岡にある「クリーニングしみず」という専門店。

高級ジャケット、スーツを水洗い&クリーニングできるお店で、
その仕上げの美しい風合いが評判で、全国から商品が集まってくるほどなんだそうです。

こちらではコートもokなので、ぜひ試してみてください。

サイトにはビフォーアフターもあります。(見ていて感動的でおもしろいです!)

 

いかがでしたか?

いいコートを買った方はお手入れも大切にしてあげましょうね。



No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA