【初心者】ガットギター選びのコツをご紹介!【入門】


guitar

初心者のガットギター選びのコツとは何なのか?

ポイントをまとめてご紹介します。

クラシックギター、ガットギターを買いたいかたは参考にしてみてくださいね。

新品なら定価3万円以上のものを買おう

新品ならメーカー問わず、3万円以上のものを購入しましょう。

ガットギター(クラシックギター)は、エレキギターなどに比べもともと価格が安めなのでこの程度でokです。

3万円というラインは”上達のために必要なある程度の質”がある価格です。

これ以下になると極端に粗悪なものだったり、楽器として成り立たないおもちゃのようなものだったりすることもあります。

予算は最低3万円程度、用意するといいでしょう。

分からないならネットでなく楽器屋さんの店頭で

「どれにしていいか、さぱーりです」

「ギターというものを初めて買うんだけど…」

こんな人はネットで購入するよりも、楽器屋さんへ行ってギターを選びましょう。

店頭に行って、店員さんに相談すれば分からなくても大丈夫。

ギターに詳しい人が居たら、同行してもらうのもおすすめです。

見た目が好きなギターを買おう

ギター選びでかなーーーーり重要なのが、自分の気に入ったギターかどうかということです。

「最初はなんでもいいかな。」と軽視している人も居ますが、長続きの秘訣にもなります。

お気に入りのギターなら練習も楽しくなりますよ!

お金に余裕があったら、多少高くても気に入ったデザインのものを選ぶと良いでしょう。

お金がないなら、中古も視野に入れて

もしも3万円程度の用意が難しい場合は
中古のギターを選ぶことも視野に入れてみてください。

ちなみにですが、中古で3万円出すと中級者向けのギターが買えることがほとんどです。

「いいギターが欲しい」

「中古でも気にしない」

「ギター自体をかなり弾いたことがあって、初めてガットギターを買う」

という人は、最初から迷わず中古ギターを選んでしまいましょう。

こちらはネットでの購入もいいですが、失敗を避けたいなら実物を見てから。

(ちなみに、幸いわたしは中古のギターをネットで買って、失敗したことはありません。)

 

ネットで選ぶときの判断基準ですが、ブランド名と状態が頼りです。

定番のヤマハから、

スパニッシュ寄りでもよければ、パコ・カスティージョ、ホアン・エルナンデス、アントニオ・サンチェス、コルドバ……などが、おすすめです。

 

ちょっと本気すぎるかな?というブランドをあえて選ぶのがコツです。

メーカーの詳細は載せませんが、自分のやりたい音楽の方向性に合わせて選んでみてください!

 

以上、ガットギター選びのコツでした。



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA