【ハンドメイドアクセサリー】あると便利なものをご紹介!!


わたしがアクセサリー作りをしていて、便利だな〜〜と思ったものをご紹介します!

ハンドメイドでアクセサリー作りをしている方の参考になりますように!

1.パーツケース

持っている方も多いかと思いますが、パーツケース!

わたくし、恥ずかしながらはじめてからしばらくのパーツが少ないうちは、↑のパーツさんたちが袋に入って売られている状態からいちいち出して作業をしておりました…。

これがパーツケースに変えてから楽々すぎて、早くケース買えばよかったな〜と思います。涙

ちなみにですが、ケースの選び方で注目すべきはフタ!フタなんですよ!

フタが個別に開くかどうか、好みですが選ぶさいに注目してみてください。

わたしのようにケースをよく落としたりひっくり返す、おっちょこちょいな方は1箇所ずつ個別にフタが開くタイプを、一度にガバっと開いてほしい方はそういったものを選びましょう。

一番いいのは2種類の使い分けでしょうか、自分にあったケースに巡り会えますように。

2.ワークボード

作るアクセサリーの種類にもよりますが、とくに細かいビーズや金具を扱う場合におすすめなのがワークボードです。

金具を留めている最中にどこかに行ってしまったり、なくなってしまったりということもボード上なら少なくなります。

なにより、テーブルの上をすぐに片付けたいときに便利なのです。

作り途中のパーツやビーズ類をそのままにしておけるので、また後ですぐに続きをはじめることができます。

価格はピンキリですが、5000円〜1000円も出すと、いいものが買えるのではないでしょうか。
100円ショップのトレーなどでも対応ができるとは思いますが、しっかりとしたものは使い勝手もよく、アクセサリー作りのモチベーションアップにもつながります。

もしも余裕があれば購入をおすすめしたいアイテムです^^

3.先の細い工具

top_pench

(便利グッズというよりかは、+αしておきたい工具かもしれません…。)

普段のものより先の細い丸やっとこ、平やっとこは持っているだけで作品の幅が広がりますし、仕上がりも細い部分が扱いやすいだけあって、綺麗なものになります。

例えば、TOP工業のニードルノーズプライヤーは先がかなり細い平やっとこで、その先端はなんと0.6mm。
かなり使い勝手が良いのですが、値段もネットなら¥1,500程度と買いやすいです。

たった¥1,500で作品のレベルがかわるなら…!と思いませんか?

もし気になったら、チェックしてみてくださいね。
実物が見て買いたい場合はホームセンターに行けばだいたい置いてあると思います。

道具の数や種類も目的別に揃えるとそれだけ作品の幅が広がります。(使いこなせるか…?という問題もありますが…。)

ただ揃えればいいというわけでもありませんが、作品づくりで何となくうまくいかないときは道具を見直すこともお忘れなく。

ちょっといい工具を揃えることは、作品づくりには大切なことですよ。

 

いかがでしたか?

便利グッズを揃えて、快適な作品づくりを!!



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA