交際相手がいるときに異性の友人に会うなら気をつけたいこと


あなたは彼氏・彼女がいる時に異性の友人に会いますか…?

どうしてもカップルでトラブルになりやすいことなので、もし会うなら気をつけたいことについてご紹介しておきます!

1.基本的にお互いの人間関係に立ち入りすぎない

まずは、お互いの人間関係に立ち入りすぎないことが大切です。
昔からの大切な友人に紹介する程度ならいいですが、誰もかれもに自分の交際相手を紹介しすぎてしまうと、いざ別れてしまった場合に面倒ですし、それだけトラブルに発展しやすくなります。

2.束縛しすぎないで!

tejo

あまり、相手の行動を制約するのは関係も長続きしなくなってしまいます。
相手への束縛は自分の依存心からくるものです。決して相手のせいではありません。
束縛しすぎてしまう、相手の行動がずっと気になってしまうという場合は、自分の気持ちや相手との関係性を見直す必要がありそうです。

3.あなたに思い当たる節がある?

古くからの異性の友人なのに、交際相手ができたので会えない。
これは少々、寂しいものですね。

男女の友情が成立するか?という話は置いておいて、、

男女だからといって、必ず浮気をするわけではありません。
もしも浮気を過度に疑ってしまうなら、あなた自身にそういった経験があったりしませんか…?

自分がそうだったら、相手もそうかもしれないと思ってしまうのは自然なことですが、それは悪い方にも然り。。
あなたが過去に異性の友人となんらかの関係を持ってしまったなら、あなたが過度に疑う原因になり得るのです。

こういった場合は過去の行いを反省しつつ、もうしない!と思えばいいのです。笑
相手を過度に疑うと、逆にあなたが怪しいと思われてしまうかもしれませんよ…!

そのあたりは気にしすぎてはいけません!気持ちに余裕を持ちましょう。

4.過去の交際相手(元彼・元カノ)は避けて

いくら別れた後に仲が良くとも、元彼・元カノという「元交際相手」を「異性の友人」として平気で会うのはあまりよろしくはありません。

特に、男性側からすると自分の彼女が元彼に会っているなどと知ったら、気が気でいられないはずです。笑

女の人の感覚からすると何ともないことかもしれませんが、男性にとっては自分の大事な彼女が昔、セックスした相手なんて見たくも聞きたくも関わりたくもないのです。
それが自分と交際しているのに会うなんてことになったら大変!なので、基本に元交際相手に会うのは基本にNGと覚えてきましょう。

自分がされて嫌なことはしないという言葉もありますが、だからといって単純に「自分が平気だから相手もいいでしょ」と考えるのも少々、ワケが違います。
まずはパートナーにとって嫌なこと、自分にとって嫌なことについてじっくり話し合って!

5.彼氏・彼女を安心させてあげて

cap_table

さて、最後に異性に会う際に、彼氏・彼女を安心させる方法がいくつかありますので、それについてご紹介しておきます。

①その友人について話しておく

「他の異性の話なんて、聞きたくない!」
こう思う人も中にはいらっしゃるかもしれませんが、どんな相手なのか知らせておくのは安心につながります。

本当に一切聞きたくない人もいるので、相手の様子次第で話してみてくださいね。

②一切言わない

もしも異性に会うなら、言わないでほしい、聞きたくないというタイプなら、その通りにしましょう。お互いの気持ち的に楽な方法を選ぶのが一番です。

③できれば2人きりで会わない

よほど長い仲でない限り、2人きりでは会わないようにしましょう。
男女ですので、交際相手からしてもいい気持ちはしませんし、何かを疑われても仕方ありません。

相手のことを思うならば、誰かと一緒や、会う前にパートナーに紹介をしておきましょう。

 

いかがでしたか?

大切なのはお互いの気持ちと関係が楽でいられること。細かいことについてはしっかりと話し合うことを忘れないでくださいね!

お二人の関係も友人関係も上手くいきますように!



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA