彼氏に愛想を尽かされないために気をつけたいこと5つ


  • いつも男性に振られてしまう
  • もう、いいよ!付き合ってられない!
  • 愛想をつかされてしまう

こんな恋愛ばかりしている人はあなたに原因があるかも…?

彼に愛想をつかされないように気をつけたいことをご紹介します。

1.自分から意見を求めたなら、しっかりと聞く

men_um

自分から「ねぇ、どうしたらいいかな〜?」と意見を求めて、彼が何かアドバイスや意見を言ってくれたときに「でもやっぱり…」という返事ばかり。

何度アドバイスをしても「でも…」という返答がくると、まるで聞く耳を持たない人だと思われてしまっても仕方ありません。

女性は話ながら頭の中を整理するクセがあるため仕方ないのですが、意見を求めたなら一度は飲み込むこと。

意見を求めるのも相談するのも自由ですが、求められた側は時間と頭を使ってアドバイスしてくれます。

「だったら、俺にわざわざ聞くことないじゃん!」こんな気持ちになってばかりの男性はちょっとかわいそうです。

意見を求めたら「そうだね、ありがとう。」と一度はお礼と納得を。

でも…という先は、できるだけ自分1人になってから考えるように意識しましょう。

2.その「なんでもいいよ」は本当?

「洋食と中華、どちらがいい?」

何を食べるかを決めるときに、女性は「どっちでもいいよ」と返事。

それを聞いた彼が「じゃあ、中華にしようか!」と決める。

そこで女性が「え…うん…。」

男性「……?」

um

(もうお手上げ…)

 

こんなことで困っている男性は結構いらっしゃるかと思います。

もしもどちらでも良くないなら、あなたが決めることです。

本当のいいオンナになりたいなら、”わたしをもてなして根性”は捨てて、一緒に楽しむことを優先して。

3.不満があったら伝えよう

hiza_women03

不満を溜め込んでは泣いてを繰り返し、肝心の内容が彼に伝わっていない。

一人の女性ならば「わたしの気持ちをいつでも察して」という考え方はやめるように。そして、思ったことは言葉に出して、自分で伝えるようにしましょう。

溜め込んで嫌そうで不満そうな顔をし続けられたら、はっきりした理由の分からない彼は疲れてしまいます。

 

楽しそうな女性は魅力的。

2人が気持ち良く、楽しく過ごせるように問題や改善してほしいことがあったら小出しにして伝えるように。

4.他人の話ばかりしないように

「この前友達の□□から聞いたんだけど、□□の女友達の●●って彼氏が浮気して、でその相手のXXがねえ…」

この会話には自分の彼氏にとって全く知らない人が4人も出てきましたね。

それを何かの例え話や、話している内容に対応する事例として話すならいいのですが、こうだったんだって〜と内容のみ話されて話が終了したら、男性は「????????(…何が言いたかったんだろう?)」と思うものです。

男性はあなたの話を聞きたい上、そういった話にはオチがなく、事実の羅列のみでおもしろいとは思いません。

できるならあなたが実際に見たり、聞いたり、思ったり、経験をしたものを話すように。そこから話を広げるようにしましょう。

それ以外に話題がないのはあなた自身の問題でしょう。スマホでSNSばかりを見るのではなく、もっと周囲をみて、自身でいろいろ経験しましょう。

5.話を聞いてもらいたいなら、ある程度まとめてから

note_pc

1で少し触れた、女性は話をしながら頭の中を整理するということですが、これも男性からすると非常に疲れるようで。笑

頭の中をまるまる喋る女性という生き物は、男性にとって非常にもどかしいようです。

男性は基本的に答えが簡潔に知りたいし、無駄なことをベラベラと喋り続けることはあまりしません。とくに、男性が何か作業をしているときに、女性に”頭を整理しながら喋る”をされると、もう本当にイライラするんです。笑

たとえ「うん、、そうだね。。」と言ってくれたとしても、心の中では結局、核心的に何がいいたいんだろうなあ…ポカン…。といったところでしょう。

 

とくに何か作業(趣味、仕事、読書など)をしている男性に対してなにか話かけようとしたら、少々心の中で考えてみてください。

 

これはまとまっているのか?

何が聞きたいのか?

 

これを明確にすることで、男性も話を聞いてくれるようになるでしょう。

 

 

いかがでしたか?

女性の脳の構造的にやってしまいがちなことだなあと、記事を書いていて思いました。

一呼吸置いて考えるだけでいいので、気をつけてみてくださいね。



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA