親に交際を反対されたらどうする?対処法とヒント


no_men

こんにちは、ChiHaです。

交際をしている、彼氏や彼女のご両親に
交際を反対される…。

とても悲しいことですよね。

反対されたらあなたも、その彼氏(彼女)さんも
お互いの恋愛心に火がついたとしても
気まずいような、なんとも言えない気持ちになりますよね。

そんな2人に贈ります。

【親なんて関係ない】

「もういい大人、ダメかどうかなんて自分で決める!」

なんて、まさか思ってはいませんよね。

親だって、1人の人間であり人生の先輩です。
間違ったことを言うことだってあります。

でも、私たちよりは、多くの経験と知識があります。

もちろん、これまで生きて得た感覚もあるでしょう。

そんな色々な視点から、反対をするのです。

「そんなの、理不尽だ」
なんて、思っていたら、まだまだ子供です。

それに、余計に親御さんは反対するでしょう。

なぜ反対するのか。
1人の大人として、しっかり理由を聞きましょう。

【理由に批判をしないこと】

先ほども言いましたが、全て正しいことを
言っているわけではありません。

でも、私たちの遥かに上まる
色々なことを経験し、色々な事を感じているのです。

人生の先輩です。

そんな人生の先輩の言うことを
鼻から批判してはいけません。

理由を聞けたら、どんなに理不尽でも
反抗的な態度をとってはいけません。

親を一人の大人としてみるように
私たちも、一人の大人として見てもらう。

そんな努力が必要です。

【理由をしっかりと受け止める】

どんなに理不尽な理由でも、受け止めてみましょう。

仕事をしているとびっくりするような
理不尽なことが、多々あると思います。

仕事だけではなく、色々な場面でも同じです。

でも、しっかりと受け止め、改心することで
自分が成長し、認められた事ってありませんか?

きっとあると思います。

理由をしっかりと受け止めずに
私たち(俺たち)の意見だけ受け止めて

なんて、子供みたいなことは
もう、やめましょう。

一人の大人として、しっかりと相手の意見にも耳を傾け、
受け止めてから自分の意見を聞いてもらいましょう。

【受け止めることと、言いなりになることは違う】

私たち、子供でも色々なことを思うのと同じで
親も、色々なことを思います。

一人一人、違う人間ですから。

その中でも、1番厄介なのが
言いなりになることを求める親です。

言い方が悪いかもしれませんね。

こうなって欲しいと強要する親と訂正しましょうか。

子供が可愛いのは、痛いほどわかります。

自分が経験してきた、見てきた過ちを、可愛い自分の子供に経験して欲しくない。

そんな、親心からくる気持ちですよね。

でも、そんなことをずっとしていたら
子供はいつまでたっても、大人にはなれません。

邪険に、批判・否定することは
してはいけません。

なら言いなりになるしかないのか…。

なんて、思っているのなら大間違い。

そんな、こうなって欲しいと強要する親には

『私(俺)は、こんなに成長したんだ』

そう、思ってもらいましょう。
そんな風に思ってもらえる努力をするべきなのです。

では次のページで、何をすればいいのか?についてお話ししていきます。



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA