【比較】メルカリとラクマ違いは?【売りたい人編】


フリマアプリも種類が増えてきましたね。

今回はフリマアプリの中でもユーザー数が多い”メルカリ”と楽天の”ラクマ”を

売りたい人(出品者側)目線で、5つの項目を比較しようと思います^^

1.出品のみ

mercari

出品するだけならメルカリ、ラクマともに差はなくどちらも無料です。

とりあえず、簡単にはじめられる大きな理由になりますね。

2.販売手数料

販売手数料とは商品が売れた時に発生するものです。

両方のアプリで見ていきましょう。

・メルカリ…10%

販売価格の10%を天引きされたものが売り上げ金になります。

例)1,900円の商品が売れた!→手数料190円を差し引き売り上げ金は1,710円。

・ラクマ…無料

ラクマはなんと、手数料無料です。

ただし、メルカリも初期は販売手数料が無料のキャンペーンを行っていたこともありますので、いつか無料でなくなる可能性もあるかもしれませんね。

3.売り上げ金(販売代金)の振り込みについて

商品が売れたときの代金の振り込みについてみていきましょう。

・手数料

こちらもメルカリ、ラクマともに同じで、

  • 1万円未満…210円
  • 1万円以上…手数料無料

です。

売り上げ金をまとめて振り込めばお金もかかりませんし、おトクですね。

・振り込みのタイミング

これはメルカリとラクマで大きな違いがあるようです。

<メルカリ>

毎月15日と末日締めの4〜7日後に振り込み。

(アプリ内設定ページ→売り上げ・振り込み申請→振り込みスケジュールを参照。)

<ラクマ>

ラクマの特徴は振り込みのはやさです。

楽天銀行を持っているなら、AM 00:00〜AM 08:59までの振り込み申請で当日中振り込みです。

AM09:00〜23:59までに申請しても翌営業日には振り込まれます。

これはスゴい…。

自社銀行をもっている楽天ならではですね。。

楽天銀行以外で指定を行ったとしても、AM 00:00〜AM 08:59の申請で翌営業日、AM09:00〜23:59の申請で翌々営業日の振り込みです。

スピーディさは他の金融機関でも健在。

早くお金に変えてしまいたい!という人はラクマで売れるといいですよね。

4.売れやすさ

rakuma

商品によりますがメルカリが優勢です。

ラクマは手数料が無料なので出品者にとっては嬉しいですが、多くユーザーが集まっているのはメルカリかなあというところ。

いいね!のつくスピードはどちらも差がないイメージですが、

ユーザーの多さはメルカリに感じますね。

5.出品価格

筆者は両方を比較のためにインストールしているのですが、両方のアプリを使用しているユーザーも多いようです。

併用しているユーザーの一部は、メルカリよりもラクマを安く出品していることもあります。

手数料がかからない分ですね。

わたしもそうしていたことがありますが、やはり価格が下がるとラクマでも売れることが多いです。

総評

手数料がかかるけど売れやすいメルカリ。

売れにくいけれど、いろいろと便利でお得なラクマ。

どちらを使うか迷いますよね…。

わたしのおすすめは2つのアプリを併用することです。

価格設定はラクマを少し低めにするといいかもしれません^^

 

いかがでしたか?

フリマアプリをうまく活用できるといいですね^^



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA