マズい!付き合っていない相手に迫られた時に逃げる方法


station

わたしが20歳になる頃のおはなしです。

付き合ってはいけない3Bな男性のうち、バンドマンの方と仲良くなり都内某所の音楽スタジオに入ることになりました。

(わたしは過去にバンドを組んでいたという事実…笑)

スタジオに入ったのは夕方4時頃。

出た頃には6時を回り、寒い季節だったので外は暗くなっていました。

スタジオでの内容はとても充実したもので、楽器を弾いたりおしゃべりしたりと楽しくいい感じでした。

音楽の話もかなり盛り上がっていたので、そのままオシャレな居酒屋へ行くことになりました。

入店してその男性はビール、わたしはフルーツの軽めなカクテルにて乾杯。

お酒を飲みながら2〜3時間程、音楽や楽器に関する貴重なお話を聞かせてもらいました。

そこまでは良かったのです。

終電の時間になりわたしが帰ろうとすると、

「俺仕事は自由だから朝まで飲んでてもいいしもう一軒行こうよ」という流れに。(お相手の方は自営業でした。)

さて次のお店はどこにしようか?と少し歩いていると。

ラブホテルの看板の前で男性の足が止まりました。

「あれ、こんなところにホテルが。」男性はそう言いました。

「(は……?え……?)」

わたしは当然のことながら、そんなつもりもないので断りました。

が、結果的にわたしはホテルへ入ってしまいました。

そんな状況の中、彼が目的としていた行為は幸いお断りできたのできました。(本当に何もさせませんでした。笑)
が、悪いことをしてしまったなあという気持ちと共に、しばらく強烈な不安感や嫌な気分が続きました。

さて、以上がわたしの体験談です。

困ったことにこんなことがあったのです。笑

以上の体験から読み解ける(笑)いくつかのことをお話ししていきたいと思います。

難しい問題

後日、酷く凹み続けていたわたしは
こんなことがあったんだと一連の出来事を友人(女)に話しました。

するとその友人は、
「男女二人きりでどこかに行くのはそういうことだよ。」
と、一言。

男女2人でというのは大人の暗黙の了解のようなものですよね。
二人きり=セックス、たしかにその通りかもしれません。

では、どうしてわたしはこうなってしまったか?

それは当時のわたしには、恋愛経験がほとんどなかったことが原因でしょう。
20歳前後の女性は恋愛の一つや二つだいたいありますよね。
相手をそれを当たり前のように想定していたのでしょう。

当時のあまりにうぶなわたしは相手のそういった気や兆候を察知できなかった。
これが問題でした。

今思うと、危険なサインはたくさんあったように思えます。
今なら、そもそも2人で会うようなことは絶対にしませんし…。笑

とくに知り合って時間の浅い男女が二人きりの状況を了承するというのはそういうことになるのではと思います。

若い女性にはとくに気をつけていただきたいことです。

たとえホテルに入ってもあきらめない

light

さて、やってはいけないことのうちのひとつホテルに入ってしまうこと。
わたしはやってしまい、上のような激戦の後(軽くですが相手を蹴りました。笑)、何事もなく済みましたが、
こんな状況は男性からしたら、ホテルに入った=シメシメ、これでいけるぜ と思うところ。

わたしは相手に期待を持たせてしまうようなことをしてしまったんだなと、当時を苦ーーく振り返ります。笑

相手との関係を望んでいないのにホテルに入ってしまうのはもちろん最悪なこと。

ですが、もしホテルに入ってしまったとしても本当に嫌なら諦めないでください。

それは相手の男性も一人間だからです。

相手と楽しい時間を過ごすようなことがあったなら、
尚更です。強く、きつく、大きな声と毅然とした態度で拒否を示せば大抵の場合は止めてくれるはずです。

これでセックスを強制するならレイプと変わりません。
犯罪ですよと言ってやりましょう。笑

詳しくは書けませんが、わたしは相手方に逃れにくいようにハメられている状況だったので、ホテルに入らざるを得ませんでした。
でも本当に嫌で嫌でたまらなかったので、ホテルに入ってから相手を退ける勢いで断り続けたらなんとかなりました。危なかったです。

最終的には相手は謝罪をしてくれました。

わたしにも多くの非があったことは自覚しています。

でも男性は正気に戻れば、自分のしようとしている行為がどんなものだったか分かるはずです。

だから、命に危険がある場合を除いては諦めてはいけません。

見た目の優しい男性、とっつきやすい男性でも注意

わたしの場合もそうだったのですが、その男性はオシャレでゆるっとしていて優しそうなタイプ。

男性が苦手な女性からも話しかけやすい、
大学に居そうなオシャレでやさしいモテる先輩を想像していただければと思います。

そんな男性だと「この人は優しそうだから変なことはないでしょう。」と女性は安心してしまいがちです。

でも安心してはいけません、オトコはやっぱりオトコです。笑

当時のわたしは男性には疎いので見抜くこともできなかったし、相手がまあまあお酒に酔っていたのもよくなかったですね。

隙をみせた自分が悪い…?

では自分はそのつもりはなくとも、隙を見せた女性が悪いのでしょうか…?

このことについては、一概にはそうと言い切れません。

が、抵抗することをやめてしまうこと=同意したと言われても仕方ないと思います。

レイプなど本当に悪質な行為以外は先ほど挙げたとおり、断るチャンスやタイミングがどこかにあるからです。

それでいて無理やりされた、なんていっている女性は本当に断る気があったのか疑問です

「無理やりされちゃって、サイアクだった〜〜。」という言葉の裏側には
相手に求められているという残念な自己肯定が潜んでいます。

本当に嫌だったなら、警察を呼んででもやめるべきです。
同意無しの性行為はそれくらい大変なことです。

「サイアクだった〜」という女性の相手となった男性に話を聞く機会があるとしたら、きっと
「良いよっていったから、した」「嫌じゃなさそうだったから」
と言うと思います。
ですから同意する素振りを少しでもしたら、残念ながらあなたにも非があるのでは…?とわたしは思います。(もちろん、こんなことする人も最低だと思いますが!)

わたしはホテルに入ってしまった時点で相手にそう考えられていたのだと思っています。

わたしは恋愛経験がないから

こんな事態に巻き込まれやすいのは

  • この人なら何もないでしょうと思い込んでいる
  • わたしは可愛くもないからどうせ相手にされないし心配いらないでしょ!

と思っている若い女性。
自己肯定感の低い、自信のない女性に多い考え方です。

これは大間違いです。

相手からすると20歳近くもなれば、相手の過去の恋愛がどうであれオンナはオンナです。

恋愛経験あろうがなかろうが、辛い思いや苦い経験は恋愛自体が億劫になる原因に。

自分の身をわきまえ、自分自身をきちんと守ってあげましょう。



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA