愉しいSMプレイのすゝめ


legs

こんにちは。
突然ですが、あなたはSMプレイに興味はありますか?
風俗業界にSMクラブというものが存在するように、世間にはある程度の割合のSM愛好家が存在しています。
筆者自身、自分がサドマゾヒストという自覚があったため、
過去に付き合っていた同じくサドマゾヒストの男性とは軽くSMプレイを含んだセックスを楽しんでいました。

hand
今回はSMクラブで行われているようなディープな行為ではなく、
日常のセックスのなかで応用できる、ソフトなSMプレイをご紹介したいと思います。

まずはじめに、「SM」と略されている「サディズム」と「マゾヒズム」についておさらいしておきましょう。
「サディズム」とは、別名加虐性欲というように、
性的パートナーに対して身体的、あるいは精神的な苦痛を与えることによって性的な欲求を満たすことを言います。
そして、サディズムの属性を持っている人を「サディスト」と呼びます。
対して「マゾヒズム」は、肉体的、あるいは精神的な苦痛を与えられたり、
羞恥心や屈辱感を感じることによって性的欲求が満たされること言います。
マゾヒズム属性を持つ人は、「マゾヒスト」と呼ばれます。
そして、サディズムとマゾヒズムの両方の属性を持ち合わせている人のことを、サドマゾヒストと呼びます。
サディズムの語源となったフランスの侯爵、マルキ・ド・サドも、
マゾヒズムの語源となったオーストリアの作家、ザッヘル=マゾッホも、サドマゾヒストであったと言われています。

SM、というとボンテージを身に付けた女王様がマゾヒストの男性を鞭で打っていたり、
あるいはサディストの男性がマゾヒストの女性を手錠などで拘束している場面を想像しませんか?

tejo
これらはある種典型的なSMのイメージだと思います。
しかし、極端に言えばSMを伴わない性行為でも、相手を焦らしてその反応を楽しんだりする場合もありますよね。
実はこういった行為も、広義な意味合いでは精神的なサディズムに分類されるのです。

さて。前置きが長くなってしまいました。
ここからは、具体的な行為としてのSMプレイを紹介します。
自分がサディスト、あるいはマゾヒストの自覚がない人にとっては関係のないことかもしれません。
しかし、お付き合いが長くなるにつれてセックスがマンネリ化してしまった、
最近パートナーとのセックスに新鮮味が感じられなくなってしまった、
そんなときに是非試してもらいたいのがソフトなSMプレイです。
例えば、簡単に身の回りにあるものを利用して行えるのが、「目隠しプレイ」や「拘束プレイ」ではないでしょうか。
「目隠しプレイ」とはその名の通り、
何らかのツールと使って目隠しをして行う性行為です。
身近にあるものでいえば、厚手のタオルやシーツなどを利用するといいでしょう。
目隠しをされる側は視覚を奪われることによって行為の展開がつかめない、
目隠しをする側は相手の予想していないような行為で快感を与えることができる、そんなプレイです。
「拘束プレイ」は、相手の手首などをネクタイなどで拘束して行う行為のことですね。
最近はアダルトショップなどで、肌あたりの優しいファーなどでできた”擬似手錠”なども見かけます。

tejo02
最後に、すこしハードなプレイとして「首絞めプレイ」を紹介しましょう。
このプレイはやはりその名の通り、相手の首を圧迫して呼吸をつらくさせる、そんなプレイです。
筆者は相手との行為中にベルトで首を絞めてもらったことがあるのですが、
呼吸が苦しいなかでするセックスはほかではなかなか味わうことのできないスリリングなものでした。

belt

いかがでしたか。
今回は身近なものを利用してできる、ソフトなSMプレイについて紹介させていただきました。
ここで最後に必ず守ってほしいことがあります。
「目隠しプレイ」、「拘束プレイ」、今回紹介したもののなかでは特に「首絞めプレイ」。
いずれのSM行為に対しても言えることですが、
このような性行為はマゾヒスト側のパートナーの安全を第一に考えて行ってください。
「嫌。」や、「だめ。」などの言葉が、
かえってセックスの最中ではカンフル剤になってしまうことはご承知の通りだと思います。
しかし抵抗を奪われる側がほんとうの意味での苦痛を味わってしまうようなことがあってはなりません。
思いがけない事故や、最悪の場合は相手を死に至らしめてしまう場合もあります。
そこで、相手がやめてほしい、と思ったときに、
互いにすぐに理解できるような言葉やジェスチャーを決めておくことをおすすめします。
ソフトなものにしろ、ハードなものにしろ、SM行為というものは危険を伴うものです。
しかし、相手への気配りを常に気をつけること。
それさえ守っていれば、楽しみかたによっては無限大の可能性を秘めているのもSMの醍醐味です。
もしよろしければ、簡単なものから今夜のベッドタイムに取り入れてみてください。



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA