他人の幸せを素直に喜べない〜罪悪感や痛みを感じているあなたへ〜


こんにちは、ChiHaです。

生きるって、大変。
年を重ねるごとにそう思います。

私たちは様々な人と、関わりあいながら生きています。

もちろん、お互いに見合った関係を
お互いに選んで、築いている。

楽しいことも、嬉しことも
もちろん悲しいことも、辛いことも
分かち合ってきたはず…。

そんな仲間の幸せを素直に喜べない
そんな、私って…最低…。

そんな風に、自分を責めてばかりいませんか?

自分を責めるのは、もうやめましょう。

だって、そんな風に思えるって
本当は、とっても優しい心の持ち主なんだから♡

【どうして喜ぶことができないの?】

heart_sepia

色々なことを、たくさんの思い出を
分かち合ってきたのに…。

そう、分かち合ってきた仲間だからこそ
そう感じることが、多いのかもしれません。

私は、幼い頃から高校まで同じ学校の女の子がいました。
その子はいつもキャピキャピしていて
大人っぽいと言われていた自分とは正反対。

でも、その時は何にも思っていませんでした。

私は高卒で働き出しました。
大学生活を満喫している彼女が
羨ましくも思いました。

それでも、自分で選んだ道。
まだ、割り切ることができました。

その頃から、私には付き合い出した彼がいました。

大卒で働き出した彼女も社会人となり。
私は、もちろんまだ彼と付き合っていました。

彼女は、就職してからも、付き合い出してからも
一年と経たずして、結婚まで至ったのです。

その時の彼女の一言は、忘れません。笑
「どうして、しないの?そんなに長いのに…
長く付き合いすぎると、タイミング失うよ?」

職場の既婚の先輩にも、こんなことを。
「オンナとして生きたからには
結婚して、子供を産むことこそ、最大の幸せ。
できないなんて、ねえ。笑」

ただ、悔しい。
私が感じたのは、それだけでした。

悔しいって感じるのは、競っているから。

対戦相手に対して、声援を送れる人って
あまりいませんよね。

自分の幸せと、他人の幸せを
競ってしまったんです。

幸せなんて、競いようがないのに。

今まで、同じような環境にいたからこそ
人生での大事な分岐点を先に迎えてしまった彼女に
女としての劣等感みたいなものを感じてしまったんです。

【素直な気持ちって?】

私は、それ以来、なるべく彼女に関わらないようにしてきました。

結婚ラッシュの最中、余興の練習などで
顔を合わす機会も増え、幸せ絶頂の彼女。

素直になれない私は、長い春が終わりを告げていた頃でした。

彼女はそのことについて
あまり触れることはありませんでした。

集まりの中には、彼氏いない歴=年齢の子もいました。
「うらやましい〜」何度も笑いながら言っていました。

私は、その日も最後まで言えることができませんでした。

敵とみなしたのは、私だけ。
昔と同じように、友達に。

そう思えば、思うほど、素直になれない自分がいました。

そんな時、ある人にこんなことを言われました。

『素直に“うらやましい”言えたら素敵だね。
でも、言いたくない、そう思ってるのも君の本心だよね』

心のモヤモヤが、この言葉を聞いて
すーっと晴れてきた様な気がしました。

心のこもった祝福の方が、言った方も
言われた方も、嬉しいですよね。

まずは、自分の気持ちに素直になることから始めよう。

言いたくない、そんな自分の気持ちを
認めてあげてください。

一つずつの自分の気持ちに素直になって。

悔しい、そう思った自分にも
いつか素直になれるはず。

そうやって、自分らしさを取り戻していく。

【自分らしさを取り戻すって?】

women_body11

人との関係性は、月日が経てば変わる。
それは、どうしようもないこと。

でもね、昔の自分を、思い出してみて。

いまの自分と、どんな風に違いますか?

昔の自分と、今の自分を比べて…
今の自分が意地悪だって、罪悪感を感じてる。

だったら、昔の自分の良かったことを
今から、小さいことからマネしてみませんか?

生きにくい世の中で、ちょっと汚い
そんな世の中で、生きていると
素直で、純粋でいることがバカらしくなる。

すごく、よくわかる。

綺麗ごとだけでは、生きていけない。

でも、昔の友達、最近できた友達…
そんな、自分をさらけ出せるような関係性でも
偽りの自分で関わっていきますか?

半年、1年に一個でもいい。
昔の良かったなって思えたことを。
学生時代で培った自分を。

もう一度、取り戻そう。

昔の自分にできて、大人になった自分が
できないなんてこと、ないですよね?笑

【最低…?いや最高です】

喜ぶことができない自分が
最低と、罪悪感を感じている?

そんなあなたには、本当は喜んであげたい!

そんな強い気持ちが隠れているんです。

だから、ただ喜んでいる他の人たちより
深い愛情をその人に感じているのかしれません。

自分を責めるよりも、自分を褒めてあげてください。

胸を張って、「私って、最高!」

そんな風に思えたら、なんだか素直に
なれそうな、そんな気がしてきませんか?

長いのか、短いのかわからない
限られた人生の中で、深い関係になれるのは
ほんの一握り。

だからこそ、そんな人たちの前では
昔からの素直な“自分”でいれたら幸せですね♡



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA