痒くて辛い!水仕事が原因の手荒れを早く治す方法


hand

洗い物などの水仕事からくる、辛い手荒れで悩んではいませんか?

ひどくなると痒みが出たりと大変ですよね…。

今回はつら〜い痒みのある手荒れの治し方のコツについてご紹介します!

傷を乾かすこと

乾かすと痒みが…
と、あのつら〜い痒みを経験したことがあるなら心配になりますよね。

実は、傷の痒みは傷が治っている証拠です。
熱を持ったような感じになるのはこれが理由です。

ですから、ちょっと辛いですが、掻かずに耐えましょう。
拷問級ですけど…。涙

そこでまた傷ができてしまうので、治らなくなってしまいます。
掻かずに耐えましょう!

かゆみが辛いときは痒み止めのお薬を病院で出してもらってもいいですよ。

プロポリスをつける

プロポリスの効果は殺菌だけでなく、傷を覆い保護する役目も果たしてくれます。

そのため治りも早く、ぶり返すことも少ないです。

痒みがあるときは特におすすめです。

わたしは酷くなる前にプロポリスをつけて、悪化を防いでもらっています。

ハンドクリームをかえる

治るまではどんなに面倒でも手袋をつける

洗い物中に別のことが……

忙しい人にとっては手袋を着けたり外したりがとても面倒だと思います。

でもこれを怠ると、せっかく治ってきた手荒れがぶり返すことになります。

また、きっちり治ったら再発を防ぐためにも手袋着用を続けましょう。

ただの手荒れじゃない?カビが原因かも

ただの手荒れだったと思ったら、痒みがとても辛い…。
夜には痒みで起きてしまったり、掻きむしってしまう。

こんなひどい症状の手荒れ、

実は”カビ”が原因だったということもよくあります。

このカビが原因の手荒れはわたしも経験がありまして、
もともとそんなに肌が強くないところ、
水仕事をずっと素手で行っていたら、なってしまいました。涙

プツプツとした水泡?というんでしょうか、そんなものがあって気になっていたところ、
最初が指先だけだったのが、指全体に広がり隣の指に移りはじめる悪化具合で病院へ。

驚きましたが、原因はカビだと言われました…。涙

普通の手荒れとの大きな違いは、病院に行くと抗生物質を処方されることでしょう。
中から治していくので、自分だけで治すのは難しいかもしれません。

ひどい痒みや、治りかけにぶり返しつづけるようなら一度病院へ。
本格的に悪化する前に根本治療をしましょう。

治療中は手袋をして対処!これ大切です。
忘れぬように!

 

いかがでしたか?

繰り返す手荒れに悩んでいた方はカビが原因かな?と疑ってみてください。

気になるようなら迷わず病院へ。

辛い手荒れが早く治りますように…!



No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA