【学生】バレンタインチョコレートの渡し方まとめ


valentine_day_choco

もうすぐバレンタインですね。

チョコレートは選んだり作ったり、調達方法は決めたんだけど、どう渡したらいいのか悩みますよね。

ちなみにわたしが小学生の時、気になる男の子がいました。

バレンタインにはチョコを手作りし用意したのですが、渡すのが恥ずかしく直接は渡せず…。最後の最後に放課後、校庭で遊んでいる彼の置いていったランドセルにこっそり入れたことがあります。笑

そんなわけで今回はチョコレートの渡し方についてお話しようと思います!笑

定番の「呼び出し」

メールや電話で呼び出して、二人きりの時間をうまくつくりましょう。

「帰りに少し時間ある?」

と連絡してみたり、

返事がいらなくて、断る余地を与えない感じにするなら、

「帰りに◯◯(場所)で待ってる」

などいいかもしれませんね。笑

そこで渡す!

ちょっと告白チックで、ん〜青春…♡

昼休みにさっと渡す

昼休みにさーっとやってきて、「はいコレ!あげるよー!」と軽く渡す。

もう付き合っているカップルや、仲良しのカップルに多そうですね。(予想)

ただ本命の本命なお相手で、これから付き合ってみたいな〜と思っているような相手には「みんなに渡してそうだな…。」と勘違いされてしまってはもったいないです。

そんなときは照れた感じを忘れずに!!

キュンとさせたいなら!

バレンタインにかけている。

バレンタインをキッカケに相手を意識させたい。

こんな風に思っている方に向けて、意中の彼がキュンとしてしまう渡し方をご紹介します!

【ちょっと恥ずかしそうして】

「えっと、これ…。」

相手をきゅんとさせたり、”本命ですよ感”を相手に伝えるには、恥ずかしそうな感じで渡すのが大切でしょう。

これはあまり意識しなくとも、本当に好きな相手なら照れちゃうものです。

ただその姿を見て、相手はキュンとするのです。これを忘れないでくださいね。

また、ただの男友達としてとっても仲が良いけれど、好きだから意識させたいときは有効でしょう。

いつもあんなに気さくなあの子が、どうしてこんなに恥ずかしそうに…?

「ん…もしかして…?」と思うはずです。

いや〜、こういうのいいですね!!!

【真横に立って…】

彼の真横に立って、目を見ずに渡しましょう。

恥ずかしさと、距離の近さで相手はドキドキするはずです。

「お、おんなの子の匂いする………」の距離までいけたらかなり小悪魔ですね。笑

バレンタインにちょっと思い切って、がんばってみましょう!

 

いかがでしたか?

書いていて思わず、親戚のオッサンのような気分になってしまいました。笑

どうかお許しください。笑

あなたのバレンタインが上手くいきますように^^



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA