【お湯シャン派】どうしてる?美容院のシャンプー対策


towel01

湯シャンが長くなりお肌や頭皮の安定してくると皮脂やベタつきは気にならなくなりますが、
湯シャンをはじめて1年程度の髪の扱いって本当に難しい問題ですよね。

わたしは5年ほど前から湯シャンしているのですが、スタートしたばかりの頃は美容院に行く前はビビってリンスをつけていました。笑
あまりにベタベタするし、いろいろと言われるのが面倒だったからです。笑

今もとくに何も告げずシャンプーしてもらい、家に帰ってからすぐに2〜3度固形石鹸で洗うようにしています。
肌に少し嫌な感じや少しの痒みが出るときもありますが、大きなトラブルはほとんど起きません。

さて、美容院に行きいつも驚くのが、シャンプーの匂いの残り方。
あれって、すぐに落ちないものですよね…。
石鹸で落としつづけたとしても、4〜5日は香るような気がします。

肌が弱くても、刺激と分かっていても無理してシャンプーしてもらう。
これが負担になる方もいます。(自分もそうでした。)
こんな時は、無理をしてはいけません。

そんなワケで今回はお湯シャン派の美容院シャンプー対策をいくつかご紹介します^^

理由をつけて断る

理由をつけて断るのは試された方も多いのではないでしょうか…?

どんな理由でもシャンプーをまぬがれれば成功です。笑

ただし、カラーをする場合は難しいかもしれません。

湯シャンの場合はバレバレかもしれませんが
家でシャンプーしてきたのでいいですなど、理由を考えると結構色々用意できますよね。笑
(でも、あまり深く悩みすぎてはダメですよ!)

シャンプー無しの美容院にいく

近年はカットを格安で行うサロンも増えましたね。

そういった場所を選べば、シャンプーが基本料金に含まれておらずオプションメニュー扱いに。

これならいちいち気にすることもありませんね。

格安のサロンと言いましたが、美容院によりけりです。

まずはネットで料金表を見てみましょう!

正直に話す

肌が弱くて普段、お湯でシャンプーをしているのでとキッパリと言ってしまう。

付き合いが長い美容院でも、美容師さんの感覚は様々。

「髪が綺麗なのでいいと思います^^」
という美容師さんもいれば、
「そ、そうなんですね。。あは、ははは。。。(汚ない、ありえない。。)」
という美容師さんも居るでしょうね。。

シャンプーで洗うのが一般的な世の中。
いざ言ってみないと分からないのが少々怖いところですね。笑
くれぐれも、お気に入りの美容院に行きづらくなってしまうことのないように!

石鹸で洗っているのでという

soap04

お湯で洗髪してるなんて言えない。。
という方は普段石鹸で洗髪しているというとベター。

「肌が弱くて石鹸しか使えなくて、少しゴワっとするかもしれないけど、気にしないでくださいね。」といえばok。

これなら髪がごわっとしていても問題ありませんし、不潔だと思われることもありません。

ちなみに湯シャン派のわたしですが、わけあって時々石鹸を使用した時、洗い上がりの感じがよく似ているなあと思います。

 

いかがでしたか?

シャンプーしてもらうことにこんなに悩むことがあるのかと、自分でも少し面白いなあと思ってしまったことがあります。笑

自分が快適に過ごせるような方法が見つかりますように^^



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA