【湯シャン】快適に過ごすためのヒント【経験談】


湯シャン中や脱ケミカル化粧品を考えている方にむけて、経験してわたしが思ったヒントっぽいものを書き連ねておきます…。

においでパートナーに迷惑をかけていないか…?

heart_sepia

周囲の人がくさいと思っていてもデリケートな問題ゆえに、なかなか本人に伝わらず…。周囲が我慢して終わり、なんていうのはデリケートな問題あるあるですよね。

頭皮のにおいというのはそれほど近づかないと分からないもののはずです。

だからこそ、パートナーに不快な思いをさせていないか確認してみてください。

もしも頭皮のにおいが気になったら

わたしはあまり人に会わないで済む期間にお湯のみで髪を洗っている時期もありました。
が、どうしても気になってしまったんです、頭皮のニオイが!!笑

そのために至った結論はズバリ!

「成分のいい、お肌にやさしい固形石鹸で髪を洗う」

です!

gamila-3

わたしが実際に使用してみておすすめしたい石鹸は「ガミラシークレット」です。

はじめは知人に「ゼラニウムの香りが好きで…」と話をしていたところ、その方がプレゼントしてくれたのがキッカケで使いはじめました。

驚くべきは、ただの石鹸とは違うような使い心地です。何度も使っているうちに、洗い上がりに髪の毛がふわふわしてきたり、肌にうるおいが残るような嬉しい感覚が得られました。

成分もケミカルなものはほとんど(一切)使用しておらず、それもまた嬉しくなりますね。

もしも湯シャンのみでは頭皮が気になってしまうという方は是非ガミラシークレットを試してみてはいかがでしょうか…?

詳しくはこちらの記事でも紹介しています!→肌にやさしい「おすすめのせっけん」①(ガミラ、JA、桶谷)

大事なのはポジティブさと自分の感覚

sandal

この成分が入っているから、

この成分が使われているなんて、

絶対に使えない!!

 

とヒステリックになってしまっては、ストレスで身体も心もいまいちな調子になってしまうでしょう。

そこで大切にしていただきたいなと思うのが「調子が良ければ良し!」という考え方です。

ちょっとざっくりしすぎじゃないの…?と思った方はある意味正解かもしれませんが、(笑)これこそとても気楽でストレスもなく、自分の感覚基準で自身の身体を手入れできるようになれるはずです。

石鹸でも、湯シャンでも、普通にシャンプーを使用していても、それがその人にとってベストコンディションでいられるなら、それがいいのでは?とわたしは思います。

まずは自分の身体がどんなお手入れで喜び、悲しむのか、それを知ることが最も大切だと思います。自分の今のお手入れ方法に疑問を持っているのならば、気楽に「より良く」なる方を選び続ければきっとぴったりの方法がみつかるはずです…!

いかがでしたか?

昔、湯シャンをしてから、今は結局石鹸でお手入れしている私です。

昔はやはり、化粧品や石鹸についても成分等を細かく気にしていましたし、それに伴いネットの情報も沢山読み、沢山不安になりました。今思うととてもストレスだったかもしれません…。笑

成分を気にしすぎて、ヒステリックになってしまっている方のブログも時々見かけますが、お化粧やスキンケア、洗髪なども是非楽しんで行ってもらいたいなあと思っています。

ゆるやかな気持ちを持つことは案外、大切かもしれませんよ…!



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA