同棲をする前に考えておきたいこと5つ


同棲する前に考えておきたいこと、気をつけたいことを5つご紹介します。

より良い同棲生活を送るためにも考えてみましょう。

1.金銭的に無理な同棲ではないか?

money_bill

金銭的に困窮するほどなのに同棲を無理してはじめることもありません。

金銭手に余裕のない生活はハッキリ言って不安だらけ

必要のないトラブルを生み、
本当は楽しいはずだった暮らしも、大好きな相手も、
くだらない理由で修復ができない結果になることもあります。

 

「お金がないんだから、そんなものにお金を使わないで!」

と、余裕のなさが原因で相手のお金の使い道が極端に気になってしまううちは、同棲しないこと。

それは2人とも、金銭的な自立ができていない証拠です。

同棲するとどちらか一方が安定した稼ぎがあることが理想ですが、

どちらか一人の稼ぎだけでは難しい、でも一緒に住みたい。
それならば両者が働くこと。
一緒に居て、ギシギシした生活が嫌なら余裕を持てるように行動するのです。

 

一般的には男性が稼ぎ、女性はどうする?というところですよね。

専業主婦かパートか、正社員など…いくつか選択肢があります。

同棲している時点ではまだ先のことかもしれませんが、
結婚したら女性が働くのかどうか?をポイントに、今後の金銭面のあり方も考えはじめて下さいね。

2.部屋選びはある程度の広さを

ワンルーム同棲はいかなるものか?
ということも話題になっていますよね。

わたしは、ワンルーム同棲は関係が破綻するものだと思っています。笑
どちらかの家によく遊びに行く程度ならば、もちろんいいと思います。

会いたくない日は会わなければいいし、そんなときも顔を見なくて済みます。

プライベートな空間がないのは人によって、強いストレスになることもあります。
それも案外、気づくのは同棲してからなんですけどね…。

とにかくです、
「同棲しよう!家、どうする?」となったら、
わざわざワンルームを選ぶようなことはしないこと。

ワンルーム以外を選べるほど金銭的に余裕がないうちは、とにかく同棲はしないことです。

3.相手に合わせすぎていないか?本当に自分も同棲したいのか?

2人の関係のお話になりますが、

どちらかがものすごく頑固だったり、気が強かったりで、断ることができない。

そんなに同棲したくないのに、押しが強く断りづらい。

同棲するつもりじゃなかったんだけど……

こんな状況で同棲をはじめると大変!

その後の生活も言いなりになってしまいます。

断りたいときは断る。相手との関係をきちんと見直して下さいね。

4.同棲してからの金銭管理について話し合う

当たり前ですが同棲はすべて二人でお金のことを決めていきます。

引っ越しにかかるお金、家具や家電を買う費用、借りる家の初期費用をどうするのか?
また、住み始めてからの家賃の支払い、水光熱費、食費をどう支払っていくのかしっかりと話し合いましょう。

これがしっかりできていないと不満をもったまま生活していくことになったり、トラブルのタネとなります。

5.お互いが自立しているか

金銭的にも精神的にもしっかりと自立できているか。

金銭面は上のとおりです。
自立ができていないときは、しっかりと話し合いのできる大人なら問題はあまりないと思います。

精神面はちょっと難しいかもしれません。

交際でもそうですが、同棲にはもっと必要になるのが
相手の育った環境=相手の文化や価値観
を分かり合っていくこと。

ある程度の人間性と生活の仕方が出来上がってきた20代以降は、どちらかに完全に合わせるというのは難しいです。

そのため、お互いが暮らしやすいように歩みよることが大切です。

お味噌汁も味が違えば別々に作るのもよし!笑
あるいは中間にしてもよし!笑
相手のものが美味しいと感じれば合わせればいいのです。

お味噌汁ひとつで話し合いができないなら、子供すぎるので、別れてもいいと思います。笑

こんな感じで、相手の暮らし方のいい部分はお互いに都合のいいように取り入れていけばいいと思います。

 

いかがでしたか?

楽しい同棲生活を送るためにも、考えてみてくださいね。



こんな記事も読んでみませんか?

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA