女性が悦ぶ言葉攻め〜種類・心理・おすすめの攻め方を解説!〜

【言葉攻めの種類】

lip_men

言葉攻めの重要性が、分かってきたところで
私が、知っている言葉攻めの種類について紹介したいと思います。

⑴恥ずかしいことを言わせる

性器の名前を言わせてみたり
状況を言わせることですね。
一番ノーマルな言葉攻めですね。

⑵恥ずかしいことを言う

男性の素直な感想とも言えますね。
とっさに漏れる一言がヤバイんです。

⑶罵倒の言葉を浴びせる

相当なドMと言うか。
病んでる人が、好みます。

ざっと、こんな感じでしょうか。

一つずつ、掘り下げていきたいと思います。

【恥ずかしいことを言わせるって?】

「このあと、どうしたいの?」
「ここなんて言うの?」
「◯◯ちゃんのおまんこ、どうなってる?」
「ナニが欲しいの?」

よく聞くセリフですね。

ダイレクトに、言わせることによって
恥ずかしがりながら、言ってしまう女性の姿に
興奮をしますよね?

耳元で、そっと囁くように言ってあげて下さい。

愛しているあなたに、最高のオーガズムに導かれたい一心で
女性は、必死にその言葉を口にします。

その為には、乱暴な言葉遣い、言い方などは
極力避けて、優しい甘い囁きを心掛けて下さいね♡

【罵倒の言葉を浴びせる…?】

なぜ、こんなことを好む女性がいるのか。

答えは、簡単です。

そんな彼女たちは、自分のことが、嫌いだからです。
だから、好きな男性とSEXしているときに
自分のことを、否定する言葉を言ってくれる人に依存します。

自分のことを好きになるのが怖いから
人格を否定されたことで、自己否定が肯定され
安心するのです。

こんな自分を好きになるような男性なんて
バカだと言わんばかりに。

そんな、女性と付き合うことは
苦労しますが、愛している女性にそんな言葉を
浴びせることが耐えられないという場合は

彼女が、いかに素敵か魅力的か
彼女自身に、気付かせることです。

言うのは、簡単ですが、大変です。

彼女が、変わるまで待つしかないのです。

【恥ずかしいことを言う?】

恥ずかしいことを言うなんて
言葉攻めなんかじゃないだろー。

なんて、思った男性は、受精卵から
やり直して下さい。笑

女性の求める男性像というものを以前書きましたが

女性は、いつも不安なんです。

あなたが、ちゃんと魅力的だと感じているのか。
興奮させられているのか。

そんな不安を抱えながらSEXをしていたら
楽しむものも楽しめません。

今回ご紹介したい言葉攻めは
このタイプの言葉攻めです。

実際どんなことか、というと

自分の思ったことを言えばいいのです。

下着がセクシーで、似合っていたら
「今日の下着は、セクシーだね。
◯◯ちゃんに似合ってて…♡」

生理前で、胸が張っていたら
「おっぱい、いつにもまして大きいね。
すっごい興奮するな…」

すごく濡れていたら
「早く入れたくなちゃうな…♡」

もっと、ダイレクトに言えたらそれでもいいと思います。

なかなか恥ずかしいですよね。

 

さて、次は男性に言って欲しい言葉攻めBEST3をご紹介します。


No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA